いつまでもつづ苦ベビーカー移動

3歳になる娘はおでかけの際ほとんど歩きません。歩くのはおもちゃやお菓子など自分の好きな物を見かけたときに降りたがるばかりで、その他はベビーカーに乗りたがります。多少歩いてもすぐに疲れたと言って座り込むので、用事がある時や急いでいる時は時間のロスになるのでベビーカーが手放せません。http://ifrs-rural.com/

周りの子達は元気に歩いてお出かけしているので私も焦りが出ています。他のママさん達に話をきいても、皆子供の方からベビーカーを嫌がるようになったとの話を聞くので余計に心配になります。そして、終始座っていてくれるならまだいいのですが、娘は乗ったり降りたりを繰り返すためこちらもいらいらがでて不要な疲れが出てしまい、お互いにあまりいい効果を生み出しません。

無理に座らせておくのも癇癪の元になるのでできません。娘は産まれた時から体が小さめだったので、体力が付きにくいのかとも思い、食事に気をつけたり筋力をつけさせるためになるべく外遊びを心がけていますがなかなか思ったようには成長しません。

娘がすわっていると上の子も座りたがるので困ります。嫌がられても歩くように仕向けるべきか、本人が歩く意思を見せるまで様子を見るか、今が一番難しい時期です。

子育てで一番大変だった時期は?

筆者には現在3歳0か月の娘がいます。「これまでの子育てで、いつが一番大変な時期でしたか?」と聞かれることがあれば、即答で「最初の4か月!」と答えます。

理由は「とにかく睡眠時間の確保ができなかったから」です。http://www.globesonore.org/

妊娠中は出産時の呼吸法や出産後の子育てグッズの準備はもちろんしていたけれど、出産後の子育ての仕方や「こういうことが大変ですよ」といったことはどの雑誌にも書かれておらず、出産して初めてその大変さを知りました。何よりも辛かったのは赤ちゃんがまとまった時間寝てくれないこと、そして訳も分からず泣くこと、これが本当につらかったです。

今になれば「赤ちゃんは泣くのが仕事」「訳もなく泣きたいときもある」と思えるかもしれませんが、当時の私は泣きわめく我が子を抱きながら「どうしたら泣き止むの!?」「何をするのが正解なの!?」と途方に暮れていました。そんなとき筆者が最終的に頼ったのは”おしゃぶり”でした。

当時からネットのいろいろな記事を見ては「歯並びによくないのでは」「中毒性があるのでは」と気にはなっていましたが、それよりもおしゃぶりを与えるとすんなりと眠ってくれる我が子を見てほっとでき、自分自身のストレスを減らすことができ、睡眠時間を確保できることを優先しました。

結局1歳半頃、長期休暇を使って2,3日をかけておしゃぶりを卒業させましたが、発語や歯並びには影響はありませんでした。特に初めての子育ての場合、不安だらけの毎日だと思いますがネットの情報に惑わされすぎず、その子やそのお母さんに合わせた子育てでいいと思います。