障がいを抱えて一緒に訓練をしてがんばりましたが失恋しました

2007年1月に私は脳腫瘍の影響で車いす生活を余儀なくされ、また視力が落ちてしまって障害者になりました。

2007年12月に障害者を訓練する施設である[更生訓練所]に入所し、その時に私と同じ視覚に障害を持った女性とお会いしたのです。

【公務員婚活110番】真剣な出会いを探して結婚したい女性は必見!

その女性は遺伝性の糖尿病の影響で20代になってから突然全盲(まったく目が見えないこと)になったことを歓迎会で知りました。

また歓迎会中にその女性から「お互い目標を持ってここにきたのだから達成しようね」とお互いにエールと電話番号とメールアドレスを交換したのです。

私はその女性のことが好きになったものの、ほかの訓練生の目もあるのでそっと胸にしまっておきました。

お互いに訓練を重ねていって2008年9月に女性が退所することになり、最後の日に会って「まだ、目標は途中だからお互いにがんばろうね」とエールを送ったのです。

その夜は女性のことを思い出して布団の中で号泣していました。

訓練が落ち着いたところのタイミングを見計らって女性に告白することにしたものの、すでに彼がいるようで私の恋愛は見事に打ち砕かれてしまって失恋に終わったのです。

告白が実らなかった私も2009年夏に退所して連絡が途絶えてしまいました。

2018年5月に仲良くしていた訓練生仲間が病気のために76歳で他界したことを知って私は女性のところに電話することにしたのです。

女性は告白したことは忘れていたようで訓練生仲間が他界したことと墓地があるところと連絡先を教えるだけになった一方、現在も当時付き合っていた彼と同棲していると聞きました。

そんなこんなもあって互いの目標を達成しようというエールは嘘ではないと現在でも感じているのです。

私がたとえ障害者でも1人の人間なんだと強くなりました。

次の恋愛はどうなるかわからない中でしっかり支えることができればいいなあとつくづく感じているのです。

この間がイヤになってしまう

一週間。連絡なしで一週間。それでも、また連絡してしました。時の経過を待つべきだと思っている頭もあったんだけれども、自分の予定を早いとこ決めてしまいたくて連絡しました。

バツイチ子持ち男性の再婚ナビ | おすすめの婚活サービスを紹介!

結局、連絡ないから自分のしたいことをするために時間をつかうことにした。でも、まずは連絡だけでもしてみるっていう自分の健気さに泣けてくる。自分で自分を憐れに思う。そんな情けない思いをしてでも、会いたいのか?と自問自答してしまうけれども、なんでが分からないから止められないのかもしれない。

なんで好きなのかが分かったところで、自分の中では終わってしまうのかも。自分なりに彼の好きなところを考えてみたけれども、いろいろとあげていけばキリがないのだけれども、それを嫌いに反転させれるだけの何かというのも見当たらない。とことんまで好きにならないから嫌いにまでなれないのか、ということも考えてみるけれども、とことん好きになるっていうのがどういうことなのか、そこからして自分の中で分かりかねているから終われないのかもしれない。早いとこ終わらせてしまいたい気持ちもあるけれども、それを終わらせることが出来るのかどうかという自信もない。楽になりたいのに、楽にさせてないのは自分。

恋愛経験のない男が味わったトラウマ

私が実際に経験したことを記します。子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ

2年程見守っていたある友人カップルが別れたとカップルの女性から連絡がありました。仮に男性がT・女性がSさんとします。

Sさんが話を聞いて欲しいのことで、気晴らしがてらカラオケへ行きました。初めは楽しくやっていたのですが、段々Sさんの表情が曇ってきたので話を切り出しました。

Tさんは実は保育園からの幼馴染で、まだ別れていなかった頃は自分も一緒にいることが多かったので仲は良かったのです。正直Tさんが何をしてしまったのか気になっていました。このカップルが生まれた時は専門学校で生まれ、社会人として世に出た時は自分は別の管轄になったので様子が分かりませんでした。

原因は浮気だそうです。学校を卒業してから関係が冷めてしまい、ついに別れを持ち出されたそうです。

それからは友達にも相談したそうですが、一番近くにいた自分に話したいと思い連絡をしたとのことです。

カラオケの時間も終了してしまい、ファミレスで話の続きを聞こうとしました。するとSさんは自宅へ行こうと提案しました。反面大丈夫かな?と思いながらもSさんの自宅へ行きました。ご家族の方は私のことは知っていて快く招いていただき、夕食までごちそうして頂きました。こういったことを3回程繰り返している内に私はSさんを好きになってしまいました。本気で好きで男の性をねじ伏せて彼女を守りたいと思い、告白をしました。振られました。

どうやら両親に注意され、自分は間違っていると気づいたとのことです。そこからしばらくしてから連絡がありました。謝罪をされましたが、正直どうでもよくなってしまいました。「分かった、応援してますよ」と潔く承諾し、友人としてお別れました。

約半年後、フェイスブックを見たらSさんは結婚してました。

飲食店で見る男女のカップル常識?

小さな居酒屋で仕事をしていて、毎日サラリーマンや家族、カップルなどが訪れます。そこで良く見るのがお会計。デートのお会計については、色々な場所で賛否があり、割り勘が良いのか、誘った方が払うのか、それか男が払うのか、など様々ですね。

シングルマザーはバツイチ向けの婚活サービス

私が良く見るのは、女性がトイレに行っている間に男性がお会計をするという事です。もちろん中には男性がどうしても払いたく、女性がトイレにっている間にものすごいスピードでお会計を終わらせたがる時もあり、心が温まります。でも中には、明らかにわざとトイレに行って男性が払うパターンや、男性からトレイに行くように会話を流す人もいます。ただ、疑問に思うのがどうしてとても良いタイミングで女性は皆トイレに行くのだろうかと言う事です。

例えば私の場合、割り勘であるべきだと思う時は、トイレに行く前にお会計を済ませます。でもお店に来るカップルのほとんどが、色々な方法で最終的に男性が払っているので、お会計の前に女性がトイレに行き、その間に男性がお会計を済ます、と言うのが男女の恋愛関係では平和に成り立っているのかな、と思いました。

逆に水族館や映画、カフェなど先にお金を払わなきゃいけないデートの場合、どのようにして男性がお金を払うのか、それとも割り勘なのか、それともそこは女性が払うのか、気になります。私は女性ですが自分が誘ったデートは自分で払うと言う感覚なので、他のカップルのお会計事情は見ているととても面白いです。