流行り廃れに翻弄されたくないと思う。

これは言い訳かもしれない。世の中の流行に翻弄されたくないというのは、ただ単にお金がないからと言うのが恥ずかしいからかもしれない。それを前提にして考えているが、例えば服装で無暗に流行に合わせるととんだ散財になってしまうし、別に無難で地味な服を着ていれば、人はそれほど気にしない。

注目を浴びるほどの容姿でもないし、おしゃれしても、中身がダサいので、逆に浮いてしまうと思っている。それではせっかく投資したお金が無駄になってしまうだろう。また、今の流行歌を昔のように追っかけなくなったし、コンビニのラジオからで流れている新曲も、買うに至るまでの衝動にかられない。

一度追わなくなると、次々に出てくる新しいアーティストの名前が知らない人だらけになっている。でも、それで何か困ったことにはならないので、無理はしないようにしている。現代は情報過多の時代なので、何でもかんでも取り込んでしまうと、時間も消費するし、お金もかかるし、あまりいいこととは言えないと思う。

厳選に厳選を重ね、貴重な時間とお金を使ったほうがいいと思っている。特に音楽は断捨離精神で、必要なものだけチョイスして聞くようにしている。ヘビーローテーションする曲は、マイブームなので、自分の中で流行っているものを、世間の流行よりも大切にしたいと思っている。

精神年齢が中々年相応に上がらない。

精神年齢というのを良く聞くことがあるが、僕個人としては精神年齢が自分の歳と合致していないと思うということがよくある。今は三十代半ばを過ぎた中年であるが、この年であるべきキャリアと経験が、まったくとは言えないものの足りない部分が多くある。

もし精神年齢を問われるテストがあれば、僕は歳相応の知識や経験がないというふうに診断されるだろう。これについては、得することはほとんどない。若く見られて得するのは女性だけなのではないか。と思うことがある。年相応とは世間一般の常識の中いる人だと思うが、僕はそこから大きく外れている。

自業自得のところもあるが、やはり大人になれば、結婚して、子供も作り、会社では中間管理職をやっていてもおかしくない年齢だ。そのどれにも当てはまらない僕は、やはりそこが曖昧だった時代の年齢が、実際の僕の精神年齢なのかなと思う。

つまりモノトリアム世代。20代前半くらいだ。気は若くても体は老化していて、アンバランスである。白髪もかなり多くなったし、メタボでもある。おっさんになる要素の中でも、欲しくないものだけを得ているような気がする。これを改善していくにはどうしたらいいのか、最近考えるようのになったが、考えても、結婚できるわけでもないし、中間管理職になれるわけでもないので、それ以外のところで考えた方がいいなとは思った。

明日は、旦那さんの誕生日です!お祝いをします!

明日は旦那さんの誕生日です!語呂合わせでいい夫婦の日に生まれました!いい日に生まれましたよね!今回は、美味しいレストランを予約して、美味しいものを食べてもらおうと思っています!本当は家で料理を振る舞えればいいのですが、今回はやめました。なぜかと言うと寒くて料理をするきになれないからです。

今回はレストランを予約してあるのでそれでよしとします!今年で旦那さんは三十路になります。私の方が姉さん女房で年が上なのですが(年がばれてしまいますね)、あまり年下と言う感じで接したことはありません。

むしろ、先輩と言う感じで今まで接して来ているのでとても今回の誕生日は変な感じがします。ただ、本人はもう年を取りたくないな、といっていました。十桁の方の数字が変わるとなんだか嫌な気持ちですよね。心はいつまでも若いままでいたいと思います!みなさんは大切な人の誕生日は何をプレゼントしますか?

私は今年悩みに悩んでプレゼントを決めました。こんなに悩んだのははじめてかもしれません。いつもはもう少し簡単に買っていましたが、今年は少し違ったものにしようと思っていろいろと考えました。明日が楽しみです。日付けが変わると同時におめでとうといいたいと思います!

なぜ日本人は七面鳥を食べないか?アメリカの感謝祭文化

アメリカでは毎年、11月の最後の木曜日はサンクスギビング(感謝祭)と呼ばれる祝日、大型連休で日曜まで休みます。サンクスギビングには、七面鳥(ターキー)を食べる習慣があります。この時期に思うのは、「なぜ、日本人は七面鳥を食べないのか?」ということです。今日はこのことをインターネットで調べてみました。

アメリカのサンクスギビング、歴史的にはイギリスの冬の前の、収穫を祝う習慣に由来し、かなり宗教色の強い行事だったようです。アメリカでは、17世紀、貧しいイギリス移民がアメリカ先住民(インディアン)に七面鳥の食べ方を教えてもらい、先住民に感謝したのが由来とされています。各地で独自に祝日として祝っていたようですが、正式には1941年に国の祝日になりました。この日食べるのは、七面鳥、クランベリーソース、マッシュドポテトなどです。

さて、なぜ日本人は七面鳥を食べないのかですが、インターネットの検索だと、入手困難?ということです。実際、「アメリカ人が、どうサンクスギビングを日本で過ごすか?」で調べるといかに七面鳥なしのサンクスギビングが変であるかのコメントが見られます。笑 

七面鳥は北米原産でアジアにはもともとはいなかったようです。結局、私の疑問、「なぜ日本人は七面鳥を食べないか?』の答えは、食文化の違い、「なぜアメリカ人は正月に餅を食べないのか?」と考えるようなものでしょうか?

よく日本人から、アメリカの名物料理はを聞かれ、ハンバーガーとしか答えようがなかったが、今後は七面鳥と答えるようにします。笑