子供時代からニキビに悩んでいます

幼少期から乾燥肌で、カサカサ、痒みと格闘し続けた私。思春期に入り、乾燥と同時に皮脂も増えて、ベタベタ肌を気にして洗うとガサガサになり、乾燥するのが嫌だと皮脂が増え、もうお手上げ状態。年中無休でニキビができ、同級生達と比べては凹む毎日。少しでもマシになりたい気持ちと、減らしたい!消えてほしい!という気持ちから、ニキビを潰して悪化するという悪循環にもハマりました。

http://swachhtaactionplan.com/

そのうち、ニキビを潰すことはストレス解消法にも変換されてしまい、もうやめることはできませんでした。そのまま大人になり、吹き出物、いわゆる大人ニキビに相変わらず悩まされています。洗顔料を替え、洗顔方法を替え、保湿剤なども替え、できる範囲でいろいろと試しては毎月生理前には必ず出来物がぷっくりと顔を現し、ガッカリしています。今は大人なので昔のようにはそこまで必死にニキビを潰して回ることもないですし、昔よりは皮脂も乾燥も落ち着いたのか、数自体は減りました。

それでも、潰してしまった過去の肌荒れの歴史が、でこぼこの肌として今も私の頬には残っています。お化粧を楽しむこともできないし、後悔ばかりです。アトピー性皮膚炎の幼少期から始まったこの肌への悩みやストレス、もっと簡単に解消出来るようになればいいなぁと願うばかりです。