中距離だってウエイトが大事

学生時代は陸上部だった私。種目は800mだった。http://www.lionsaigon.com/

800mというとともかく走ってばっかりというイメージをもつ人も多いかも知れない。しかし中距離はスピードと体力の両方が必要なため、筋肉をしっかりつけておくことは非常に重要である。

走っていて体幹も必要だし腕振りにも力がいるし、脚力も必要だ。

基本的には走ってばかりのメニューではあるが、週に1回はウエイトトレーニングの日があった。

ベンチプレスやフロントプレスなど上半身を鍛える日とスクワットやレッグカールなど下半身を鍛える日は別の方が筋トレ効果は高まる。

そのため、今日は上半身と決めたら徹底的に上半身を追い込むことが大切だ。

冬季になるとウエイトは週2回になり月曜日に上半身をしたら水曜日に下半身をやることが習慣だった。

そして、運動後は15分以内にタンパク質を摂取することで筋肉がつきやすくなる。私は自分の中でこの15分のことをゴールデンタイムといっていた(笑)。

タンパク質といっても色々ある。プロテインはもちろんのこと、牛乳や飲むヨーグルト、サラダチキンだって良い。私はウエイトの日はいつもコンビニで100円くらいで売っている飲むヨーグルトを練習バッグに忍ばせてウエイト後すぐに一気飲みをしていた。