鍋料理でダイエット、私は一か月で1キロの減量に成功しました

皆様は、「美容」と聞きどのようなイメージを浮かべますか?

快糖茶は効果なしで痩せない?

美容は女性の特有のもので、美しい身体・顔・足・手に入れるため・・・

皮膚科に行く。あるいは高いエステサロンに通ったり、食事に気を遣い。毎晩のお風呂上がりのパックは欠かせないなど。

昔から美容に敏感で、最近になりきれいな女性が多くなったなと思います。

しかし、最近では男子の中でも「美容男子」が急増しております。

理由はそれぞれあると思いますが、おそらく大半が「女性にモテたいから」ではないでしょうか。

現に私もそうです。

私が美を追究するようになったのは、20歳の時。ある日、ネットで見つけた女性が求める理想の男性像。

第一位に「清潔感」とありました。清潔感にも色々意味がありますが、特に気になったのが、顔がニキビなどで荒れている人には魅力を感じない。という文です。

私は高校生からニキビや赤みに悩まされていますが、皮膚科に通うのが面倒くさく、疎かにしていました。

その影響もあってか。彼女を作った経験なし。

ネットの記事を読んでから思いました。

「それはそうだわ。女性がニキビで肌が荒れていたら、僕も魅力を感じない」

「じゃあ、モテ肌を手に入れたい。彼女を作りたい。」

そこからニキビ撃退のため。そしてモテ肌を作るために、頑張ることを決意。

 まずは、近所の皮膚科に通いました。飲み薬と、塗り薬を手に入れ、毎日続けること。

皮膚科に飽き足らず、都内の美容サロンにも通い始めました。月に一回の施術ではありましたが、徐々に良くなっているのが実感。

食事も脂が多いものを控え、可能な限り野菜を多くとることを意識するようになりました。

金銭面でかなり苦労しましたが、モテ肌を作りたいという想いを一新に頑張りました。

 その結果が3年後の23歳の時に身を結びました。

僕にも彼女ができたのです。非常に嬉しかったですよね。

年齢=彼女ができたことない歴でしたので。

 あの時の様子を振り返り、顔がきれいになったこともそうですが、

それよりも小さな成功を積み重ねたことによっての自信に繋がったかなと思います。

 現在もニキビや赤みもありますが以前よりは少なくなっており、新しいニキビができづらくなっているかなと思います。

キレイになると嬉しいですよね。昨日よりもキレイな顔のため。

そう思いながら日々、奮闘中です。